グロブログ

日常・趣味などをつらつらと

2022音楽日記 上巻

今年は1日1曲、その日に知った曲とか改めて良さに気づいた曲、その日を表すような曲を選んで、プレイリストに入れていくという試みを、日々の充実、意味付けのためにやっている
日記みたいな感覚でちょっと進んでは振り返るのも楽しいし、お気に入り曲プレイリスト入り、とまではいかない曲でも気軽に追加できるので、良い試みを始めたと思っている

ただ曲をプレイリストに入れてるだけだと、おそらく5月頃にはなんでこの曲入れたんだっけ、ってなるはずなので、ここでは各々の曲について簡単に一言二言コメントを残していこうと思う
お付き合いいただけたら幸せ極まりないよ




【1月】
1:No. 9/BIGMAMA
記念すべき1曲目はBIGMAMAから。前年大晦日に久しぶりに聴いた。華やかで1年の始まりにふさわしいじゃない。

2:グリズリーに襲われたら♡/神宿
3日間ぐらいずっと頭の中で流れてた。無条件に楽しくなれる。ずっと「しんじゅく」だと思ってた。

3:いつかの少年/UNISON SQUARE GARDEN
ニゾンのアルバム曲で1番聴いてなかった曲だったけど、CIDER ROADリバイバルツアーで聴いてからリピート。終わり方が綺麗。初期ユニゾンらしい歌詞を久々に堪能できた。

4:青空のラプソディ/fhána
アニソンブーム1曲目。YouTubeのオススメにめちゃ出てきた、再生回数めちゃ多い。アニソンとして必要なものが数多く備わっている、気がする。

5:桜の咲く音がした/= LOVE
昨年末からハマりだしたイコラブから1曲目。2Bの歌詞には初めて聞いた時からしびれた。サビ入りも好き。

6:Brighter/INI
思い出深い曲。ふとした時に聴くとなお染みる。

7:= LOVE/= LOVE
発売日が自分の誕生日と同じことをこの前知った。なんだか嬉しい。アイディール、リベリオン

8:残ってる/吉澤嘉代子
エモいってやつ。MVの場所が見慣れている分、感傷もマシマシ。

9:This game/鈴木このみ
アニソンブーム2曲目。サビしか聴いたことなかったけど、1曲通じて無駄がない。純粋に美しい曲と思った。

10:アイヲウタエ/春奈るな
アニソンブーム3曲目。懐かしい。アニメは観てないけど。

11:た、い、せ、つPile up/LiSA
最近のLiSA×田淵智也の曲では1番好き。味なくすまで噛みたいぐらいには飽きない。

12:Smiling Spiral/内田真礼
前の曲つながり。内田真礼×田淵智也もハズレがない。

13:手遅れcaution/= LOVE
「慟哭、警報」集をYouTubeに観にいった。かっこ良い。

(1日1曲をやろうと思いついたのがここら辺。ここまでの曲は年始によく聴いてたやつを順不同で入れた。)

14:死の魔法/SEKAI NO OWARI
帰り道、晴れてる14:00頃に合うなぁと感じた。

15:ダンシングファイター/Awesome City Club
MVが好き。故になかなかお気に入り曲プレイリストに入らない。

16:アポトーシス/Official髭男dism
テレビの影響。絶賛されてたので聴いた。めちゃくちゃ影響受けやすい。

17:色香水/神山羊
観始めたアニメのオープニング。アニメを観よう期間が始まる。

18:寄り酔い/和ぬか
それまであんまりハマらなかったのに、突然聴くようになった。さっき読んだ本が気になる。

19:killer tune kills me(feat.YonYon)/KIRINJI
YouTubeでメドレー流してたら流れてきて、思わず飛び起きた曲。浮遊感最高。1月ベスト。

20:夜の探検/childspot
夜行性人間の味方になってくれる曲。さすがに5時に起きることはないけど。夜の散歩いいよね。

21:約束/フレンズ
観終わったアニメのエンディング。期間1作目なので残るように。

22:harmonized finale/UNISON SQUARE GARDEN
MVがフル公開されて最近ハマってる1曲。数日後ライブ映像が消されることにまだ気づいていない。Aメロで終わるのがおしゃれ。

23:ダイヤモンドリング(2035/09/02)/BIGMAMA
この日寝起き1曲目に聴いた。この日付まではなんとか生きていたい。カラオケで何回か歌ったけど人に良さがなかなか伝わらない。

24:テストソング/THE KEBABS
メロディーがずっと心地良い。「正体不明のなんかいけそうに全てをBET」でサビに入るのに感動。ここ3日間は新しい曲に出会えてないので多分怠惰な日々。

25:ポニーテール キュルン/≠ME
ノイミーにも惹かれ始めている。この曲のMVのおかげでイコラブよりメンバーの顔と名前一致させるの早かった。

26:Pepperoni/WILYWNKA
この日リリースだったので。兄弟の影響で発売前から知っていた。ここまでの曲と明らかにジャンルが違う。

27:DAYBREAK´S BELL/L'Arc~en~Ciel
サビのメロディーだけがふと浮かんできて、うろ覚えな歌詞を元に思い出した曲。1時間かかった。気持ちよすぎた。

28:人生イージー?/DIALOGUE+
DIALOGUE+の曲をいくつか聴いたけど、前から知ってたこの曲がやっぱり良いねという結論、だったと思う。

29:AIの逃避行(feat.Charisma.com)/KIRINJI
やっぱり夜感と浮遊感が合わさった曲は強い。言葉選びも好みど真ん中。

30:キラキラチューン/でんぱ組.inc
くちづけキボンヌと迷った。中学時代を思い出す。

31:やさしさで溢れるように/BIGMAMA
BIGMAMAは既にある曲を自分たちのものにするのが上手い。多幸感しかない。1月は意図せずして初めも終わりもBIGMAMA



【2月】
1:9/東京スカパラダイスオーケストラ
去年のオリックスホームゲームのハイライト曲。強かった分思い入れは強い。キャンプインだしピッタリ。後付けだけど。

2:エイプリル/mol-74
mol-74を初めてじっくり聴いたのでとりあえず有名曲を。バンド名の由来が知的。絶対初見じゃ読めない。

3:白い恋人達/桑田佳祐
個人的には雪= 2月のイメージ。最後の高音がかっこ良すぎる。

4:WELCOME TO THE TWILIGHT/BOØWY
夜歩いてる時に流れた1曲。ちょうど大通りの裏道に差し掛かった所で流れてぴったりだなと。元々はクリスマスソングだったという記憶。

5:Jukebox Driver/Penthouse
めちゃハマって1日で10回弱聴いた。あらゆる種類のプレイリストの1曲目に入れたい。これ以上ないほどの1番打者。2月ベスト。

6:Replica/mol-74
観てたアニメのエンディング。エンディングの始まり、雰囲気がオシャレで曲も際立ってた。何回聴いてもサビの早口部分が覚えられない。

7:北極星のメロディー/a flood of circle
たまたまテレビのチャンネルを変えたらこの曲のスタジオライブが始まった。気づいたら終わってた。

8:TOKYO/Nulbarich
YouTubeのオススメから。こういう曲はもれなくリピートしてしまうのが多分バレてる。東京生まれ東京育ちで良かった。

9:君は天然色/大滝詠一
観てるアニメのエンディング。この曲がしかもカバーとかでもなく使われててびっくりした。ビールとはまた違った側面が見られた。

(これを書こうと思い立ったのがここ。ここまでは記憶を掘り起こして書いている。)

10:スノーマジックファンタジー/SEKAI NO OWARI
雪が降っていたので。安直。冬のカラオケは3分の2でこの曲が1曲目。

11:26時10分/Penthouse
全部英詞なのにタイトルは26:10とかじゃないのがオシャレ。初めて聴いたのは27時50分くらいだった。

12:てゆーか、みるてんって何?/≠ME
IQゼロ以下で楽しくなれる。バズる前にハマりたかった。曲に込められた本当の意味みたいなのを知って感心したり。2月曲の雰囲気変えましょう。

13:Never Grow Up/ちゃんみな
2000年代感があって懐かしさを感じる。曲名を知らなかった。

14:秘密/BIGMAMA
困った時のBIGMAMAになりつつある。何気に初めて歌詞を見たかもしれない。かくれんぼと似てる。

15:きみわずらい/まねきケチャ
ノイミーがライブでカバーしたのを知って改めて聴いた。曲にハマったらもれなくまねきケチャにハマる気がしてる。6分42秒あるけど聴いてるとそこまで長く感じない。

16:チョコレートメランコリー/≠ME
リリース日。MV公開1、2時間後ぐらいに観た。ここ最近のノイミー熱のきっかけ。2サビのキラーワードの連続が最高。漢字+カタカナ語に弱いので。

17:不可幸力/Vaundy
よく聴くけどなかなかプレイリストに入らないってラインから1曲。Vaundyが歳下って事実は一生コンプレックス。

18:snow jam/Rin音
上記と同じ理由で選曲。肩の力抜いて聴けるのが良い。空音とたまに混ざる。

19:ありがちな恋愛/乃木坂46
イントロから鳥肌。乃木坂のアルバムリード曲は強い。曲全体好きだけどサビの入りと構成に大好きが詰まっている。

20:EVERBLUE/Omoinotake
観てたアニメのオープニング。フルで改めて聴いたら良かった。アニメに寄り添うってこういうことか。

21:うれしいきもち/THE KEBABS
もうすぐ春だぜ、それだけ。ワクワクしてきた。

22:愛する人/FOMARE
広告から。パッと聴きSUPER BEAVERかと思った。この時期のこういう曲は無条件に染みる。

23:Permission to Dance/BTS
サビが頭から離れなくて堪らず入れた。Butterも候補だった。

24:オーケストラを観にいこう/UNISON SQUARE GARDEN
ニゾンでもトップクラスに歌詞が好きな曲。純粋がすぎる。ユニゾンの魅力を伝えるプレイリストを作るなら絶対に入る。

25:Blue in Green/kiki vivi lily & SUKISHA
また良いアーティスト、曲に出会ってしまった。鬼リピした。MVみたいなお風呂がある家に憧れる。

26:LOVIN' YOU/kiki vivi lily
同じアーティストを連続で入れるのは極力避けたいんだけど、それぐらい良かった。everydayのリズムが気持ちよすぎて毎回ニヤついてしまう。どこを探しても歌詞が見つからない。2月ベストにするかめちゃくちゃに迷った。

27:ボッカデラベリタ/柊キライ
初めて聴いた時はよくわからない恐怖を覚えた。曲名が覚えられない。

28:ほろよい/kojikoji
kiki vivi lilyと同じ経緯で知った。このラインの曲のプレイリストをぼちぼち作りたい。 居酒屋行くか。



【3月】
1:Highway Star, Speed Star/Cymbals
友人にすすめてもらった。とにかく疾走感。免許欲しくなっちゃうね。別に1日は9縛りをしてたわけじゃないのでここで終わり。

2:言って。/ヨルシカ
YouTubeの再生回数想像より桁違いに多かった。この曲もサビのメロディが良すぎる。なんだか切ない。

3:愛おかし/YOAKE
LINE MUSICの新機能で知った曲のうちの1つ。歌詞のテイストとメロディが程よく合ってなくて新しい発見みたいな。新機能、愛用するべき。3月ベスト。

4:ナイトオンザプラネット/クリープハイプ
上記の新機能であらゆるルームで流れてた。いわゆるスルメソングで聴くほど良くなる。

5:拝啓、親愛なる君へ/Novelbright
イントロから高まりが止まらない。朝イチに聴ければなと思ってたら朝イチで流れた。

6:Dream Fighter/Perfume
近未来感って多分これ。2000年代感全開。なので懐かしさがある。サビが何重にもなってるのが良い。

7:強い気持ち・強い愛/小沢健二
読んでる本でピックアップされてたので。知ったのはでんぱ組のカバーが先だった。聴くと幸せになれる。

8:summertime/cinnamons & evening cinema
ルームから。こういう出会いがあるから愛用している。終始キラキラ鳴ってて夏を感じる。純粋に綺麗。君は1000%、ってやりたくなる。

9:ceremony/Awesome City Club
オーサムでは珍しい昼下がりに似合う曲。晴れた日にのんびりしながら聴きたい。起きることから始めましょう。

10:Whiskey/kiki vivi lily
そりゃ好きだよね、って系統の曲。雰囲気にのまれててあんまり歌詞が入ってきてなかった。帰り道でじっくり聴いてようやくそういう歌詞なんだって。

11:最低なラブソング/OKOJO
赤裸々ラブソング。ところどころに滲み出る繊細さも。場所のチョイスが絶妙。結局家だけど。

12:Shooting Star/PAELLAS
どこを取ってもカッコよすぎる。それはもちろん哲学的な言葉選びも。何回聴いても飽きない。何気にPAELLAS初選出か。

13:青い太陽/SEKAI NO OWARI
EARTH、引いてはセカオワ全曲中トップクラスに好き。初期セカオワ感がたまらない。明るいのにくらい。

14:常緑/大橋ちっぽけ
3月は昼曲と夜曲が節操なく入り交じるね。曲名は前々から知ってた気がする。端的に言うとね、から始まるサビはインパクト大。特にサビの歌詞が文学的でしびれる。

15:センチメンタルピリオド/UNISON SQUARE GARDEN
デビュー曲名がこれはセンスがありすぎる。ライブの時のイントロは感動モノ。まさに終わりで始まるみたいな。気持ち良い語感の言葉が並ぶけど、その奥にあるのは強い思い。

16:シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN
バタバタしてて音楽を聴けなかったので疲労感に染みたこの曲を。流行るには流行るなりの理由がある。Sing a song, Beat a step。気づいた時には鳥肌だったよね。

17:あかるいみらい/Mom
去年、「流行る前にあなたが聴いていた曲」にLINE MUSICが選定していた(これとクロノスタシス)。不思議な曲。謎の中毒性。これで説明は充分。

18:Summer Time Magic/雨のパレード
オシャレで爽やかな夏。曲調のせいで夏が涼しげなものに感じるので待ち遠しくなる。実際夏に聴いたら暑さは和らぐのか。

19:66番目の汽車に乗って/WEAVER
具体性のある数字が好きなので。66の語感が疾走感にプラスを与えてる。サビにスーって入る曲も良いよね。

20:AM2:00drive(feat.ユエ)/KeeP
曲名と曲調、歌詞の整合性の高さ。曲名はなんて読むんだろうね。共感できるような気もするが生憎僕は免許を持っていない。

21:革命前夜/Tempalay
ここまでピッタリなカウントダウンはなかなかない。「絶滅危惧種だからジャックする」っていう発想がすごい。全体的に洗練されてる。

22:LISTEN TO THE MUSIC/Shiggy Jr.
サビ2秒で好きを確信した。落ち込んでる時にイヤホン最大-2ぐらいの音量で聴きたい。最後の転調は自然と笑顔に。MV、お寺。予想の裏側すぎた。

23:ひとりの夜を抜け/Lucky Kilimanjaro
走り出したくなる。夜を行けだと思っていた。早くひとりの夜を抜けたい。

24:VIBES BY VIBES/10-FEET
応援調の歌詞の曲が続くのは無意識。サビのワンフレーズ以外初めて聴いたけど想像以上に元気がもらえる。サビの韻踏みが気持ちよすぎる。

25:ホワイトアウト/reGretGirl
曲の構成が至高。曲名は流し見程度だったけど、改めて向き合うと美しい。疾走感のおかげで曲が短く感じる。

26:旅路/藤井 風
時期的に。1年後に聴いたら泣いてしまうかもしれない。遠くに霞んで思い出が見える。

27: 春が来てぼくら/UNISON SQUARE GARDEN
ニゾンのシングル頼みになってしまっている。春を楽しむ余裕がなかなかないけど気軽に春を味わえる。「幸せなはずがもやついて」が言えない。切り取られるシーンの鮮明さ。浪人せずに聴きたかったよ。

28:Over Drive/JUDY AND MARY
一転夏曲。独特の世界に包み込まれる。海辺をドライブしながら聴きたい曲トップ10に入る。

29:踊りの合図/Lucky Kilimanjaro
勝手に体が動いてしまう。楽しすぎる。アガる。抜け感がサンバ調に超絶マッチ。「追ってけ夏を」がまさに踊りの合図。MVも良い。観たくなる。

30:風になりたい/THE BOOM
前日の曲に引っ張られた感。この曲も無条件に楽しいね。いつでも元気をもらえる。なんでも良くなる。CMで聴けるようになったのもポイント。

31:アイスクリーム シンドローム/スキマスイッチ
夢の中で流れてたのを鮮明に覚えてたので。初めて聴いた時はサビどこ状態でピンと来なかった。歳をとって良さに気づく。カラオケで高得点が出やすい。3月後半夏曲多すぎ。



【4月】
1:キミシダイ列車/ONE OK ROCK
なぜCDを買った時にしっかり聴かなかったのか。シンプル、だからこそ勇気をもらえる。生で聴きたい。あと1年の学生生活、頑張りましょう。

2:LOOP/SIRUP
圧倒的浮遊感。こんな幸せな日々に憧れてしまう。コーヒーを好きになること、免許を取ること。先が長そうだ。

3:Overnight Superstar/BRADIO
人恋しい夜に少しのスパイスを。ミラーボールが回ってそう。MVが印象的。美しい。

4:魔法をかけて/アイビーカラ
いくつか候補はあったけど、ポップな曲大好きなので。イントロのピアノで決めた。魔法に期待するけどかかってたのは自分だったっていう、夏に限定されない高嶺の花子さん。

5:Room Tour/SUKISHA&kojikoji
明るいのに暗いような不思議な印象。夢オチでよかった。節々にハッとするフレーズがあって歌詞を追ってしまった。よみさしって読むのね。

6:脱せ/映秀。
メッセージ性強し。ダサい自分を脱せるように、自分に問いかけ続けましょう。

7:≠ME/≠ME
メジャーデビューしてまだ1年しか経ってないことに驚き。歌詞は王道だけどメロディが独特。めちゃ耳に残る。秘密インシデントにしようとも思ったけど後に入れる機会がある気がするので。

8:オリオンをなぞる/UNISON SQUARE GARDEN
TIGER&BUNNY2の配信開始日により。もう11年前らしい。タイバニはリアルタイムでは観てないけど。舞洲のオリオンは感慨深いものがある。僕がいてあなたがいて。

9:スマイル/森七菜
イントロでとあるゲームの場面が浮かんできてしまう。笑顔が必要なら聴けば良い。MVの森七菜が可愛い。

10:Trouble/LUCKY TAPES
何だか無性にチル曲が聴きたくなったので。雰囲気に飲まれてるので歌詞はあんまりわかってない。

11:赤い罠(who loves it?)
タイトルで聴く前から強い曲なのはわかっていた。いつしかのCDTVのオープニング。カラオケで歌う気にもならない。聴く専の曲。

12:BASEBALL BAT/SiM
何もかも頭が悪くて大好き。MVにお金がめちゃかかってるし楽しい。何周もしてしまう。

13:kaleido proud fiesta/UNISON SQUARE GARDEN
満を持して発売日。この日までフルで聴くのはとっておいた。アニメ予告編、ティザーの数秒でも格の高さを感じた。過去曲の要素が散りばめられてるのはニヤニヤよりも最早感動。2番サビ入りが好き。あなたと僕だけで。久しぶりのシングル、やはり良い。

14:HERO/変態紳士クラブ
ライブ映像が良すぎたので。言葉数の多さとアガる気分は比例する。昼にも夜にも合う稀有な曲。

15:ジャンケンはグー/THE KEBABS
くだらない。ケバブスの良さが存分に発揮されてる。2番に入ってるメンバーの声の緩さも雰囲気作りに一役買っている。

16:不在着信、雨フラス。/すいそうぐらし
確かインスタから。サビ二段階、曲名が「〜、~」の曲という好き条件を満たしている。程よい疾走感。

17:プラネタリウム/マルシィ
プの1文字でこの曲好きだと確信。純度の高い透明度。マルシィの曲を全て聴いたがこれがダントツ。アウトロのロストワンの号哭感。4月ベスト。

18:エッジワース・カイパーベルト/PEOPLE 1
曲名で聴きたくなった。語感が強すぎる。唱えたくなる。天文用語らしい。意図せずして前日と繋がった。

19:flower/L'Arc~en~Ciel
ラルクのMVがオススメに上がってきたので。繊細さが美しい。カラオケの1曲目でよく歌う曲。ビブラートめちゃくちゃかけやすい。

20:週休8日/Lucky Kilimanjaro
テレビで観て知った。今の状況に1番の応援歌かもしれない。ゆる〜〜く生きたい。週休8は魅力的だけど実際6が理想だと思う。野暮かな。

21:タイミング~Timing~/Klang Ruler
本家サブスク未解禁なので。歌詞を改めて見るとメッセージ性の強さを感じる。90年代感が全面に出てる。

22:そなちね/Tempalay
イントロから世界観全開。不思議な世界へ。蒸し暑い夏。「その白さ」からの転調が美しい。MVは初めて観た時見入ってしまって鳥肌立った。

23:CHEERS/Mrs. GREEN APPLE
サビのフレーズが浮かんできてたまらず聴きたくなった。やっと歌詞と曲名が一致した。言葉の乗せ方が秀逸。

24:春は溶けて/indigo la End
春なので。めちゃくちゃ暑かったけど。散ってしまいそうな雰囲気。最初川谷絵音の歌声と気づかなかった。

25:愛す/クリープハイプ
サビのフレーズが浮かんできてたまらず聴きたくなった第2弾。夜寝る前に聴いてなんだか無性に沁みた。やっぱり最後のサビに音上がる曲が好きだ。

26:1/3の純情な感情/SIAM SHADE
ルームで懐かしい曲集をやっていたので。楽しかった。カラオケで歌うと楽しい。

27:メイビーネイビー/マカロニえんぴつ
正直あんまり音楽を聴けない日だったけど、たまたま聴いたので。呪文みたいなのはどういう意味なんだ。

28:Rollin'/WONK
かっこよい。夜歩いてる時に聴くと無敵になれる。夜曲筆頭。

29:ハートに火をつけて/9mm Parabellum Bullet
メロディの革新さたるや。気持ちよすぎる。イントロ、間奏、アウトロだけじゃ足りない。MVもシンプルだからこそ良い。

30:I gotta go(feat.Hiplin,WILYWNKA&kojikoji)/GeG
卒業前に聴きたい曲がまた1曲増えた。サビ前のフレーズが全て感傷的。エモいがすぎるメロディ。



【5月】
1:I’m NOT Dead/Lucky Kilimanjaro
アルバム通じて好きだった。踊らないと!が止まらない。2回目は多分20回。初めて聴いたのが深夜で多分良かった。5月ベスト。

2:湾岸で会いましょうfeat.PES/Awesome City Club
陽キャ。もうちょい昔の曲なのかと思っていた。STUDIO COASTには物販のためだけに1回行ったことがあるだけ。

3:ちいさな日々/flumpool
3ヶ月越しにアニメを観終わった。めちゃくちゃ良かった。なのでフルを聴く前にプレイリスト行きだった。

4:sleepy wonder/Rin音
いつか入れるだろうと思ってたけど今日だった。11014。ポケベル。Instagram。昭和??って聴いてたら本当に昭和だった。

5:ちらばれ!サマーピーポー/ヤバイTシャツ屋さん
な1は天才的すぎる。こういう歌詞を書けるのは純粋に尊敬の域。歌詞見ながら聴かないと何言ってるかほぼわからない。今年の夏は楽しそうだ。

6:青と夏/Mrs. GREEN APPLE
夏が恋しいのかもしれない。カラオケで初めて歌ったので。青春とかけてることに最近気づいた。青春感じたいね。

7:コネクト/ClariS
アニメは観てないけど主題歌は知ってる枠が多い。メインプレイリストに入れてたけど何故か消してた。久しぶりに聴いたら良かった。

8:HandClap/Fitz and The Tantrums
楽しい。登場曲にしてる野球選手が多かった印象。ランキングもしばらく上位にいた気がしてる。

9:Midnight Call(feat.kojikoji)/ぜったくん
現代ならではの曲って感じ。この曲調でワクワクするのはすごい。kojikojiとこういう曲の親和性。今日何してた?―ご飯食べてたって頭悪いよな。

10:ピタカゲ(CROOKED)-JPN-/G-DRAGON(from BIGBANG)
中学生ぐらいの時から曲名は知ってたけど聴くには至らなくて、満を持して聴いたらなんと良い曲。ヤケクソって意味らしい。

11:DEPARTURES/globe
90年代曲の中でもトップクラスに好きな曲。夜行バスで聴いた時ハマりすぎて浸ってしまった。3人で映ってるジャケ写が大好き。冬派になった要因の1つでもある曲。

12:薄明(feat.マイカ・ルブテ)/KIRINJI
久しぶりにKIRINJI。一貫した懐かしさと共存する点在した現代風の歌詞。英語以外の外国語と日本語が混在してても自然。もう一段階上がるかなと思ったらそのまま終わるけどそれもまた。

13:君が眠りにつく頃に./bokula.
ルームでだいぶ前に知った。王道をゆく。長い。

14:LAST DANCE/DENIMS
ゆるい夏感。午後の浜辺を連想する。夏とダンスに無意識に惹かれている今日この頃。

15:Pretender/Official髭男dism
改めて聴いたらハマった。流行るには流行るなりの理由がある。ラスサビのライブ盤アレンジが美しい。美しすぎる。

16:果てることのないダンス/Lucky Kilimanjaro
まだまだ踊る。同じ言葉を繰り返してるだけでなんでこんなにワクワクするのか。この瞬間を待っていた!やっぱり踊りたくなってしまう。

17:SUMMER MAGIC/吉田 凜音
kiki vivi lilyが作詞してたので。また夏である。思い出がよみがえる。

18:Flash night/Mellow Youth
明るいタイプの夜曲。ネオンが光る風景が浮かぶような懐かしさがある。寒い都会みたいな。

19:サネカズラ/HOWL BE QUIET
ルーム経由でようやく追加に至った。実話じゃないなら引くぐらいのリアル感。狂気を感じる。

20:はっちゃけダイアローグ+クリスマス!/DIALOGUE+
底抜けに明るい曲を。去年のクリスマス前後めちゃくちゃ聴いてた。パロディや盛り気味の歌詞。冬が恋しい。

21:take it easy/礼賛
スっと入ってくる曲。場面が多くて飽きない。最後の転調が特に好き。

22:傷つける/クリープハイプ
1度ライブで聴いたことがある。対バンライブだったので余計印象に残っている。オセロ歌詞。

23:ってか/日向坂46
かっこいいという最初の印象は揺るがず。音源解禁されてからなかなか聴かなかったのは今でも後悔。アイドル曲はやっぱりアップテンポが強い。

24:青春“サブリミナル”/=LOVE
王道が良い。曲名で聴いたけどそれを上回るハマり度だった。Cメロの全てが好き。

25:リニアブルーを聴きながら/UNISON SQUARE GARDEN
ライブで初めて聴いた時は泣いた。思い入れが深すぎる曲。何度も救われた。今でも1番好きなMV。初回限定盤を追い求めてる。

26:Mess(feat.Hiyadam)/JUBEE
ウ”ィ”エ”にハマった身としてはハマらざるを得ない。知ってからプレイリスト行きまでが早かった。中毒になる。

27:Forget-me-not/尾崎豊
響く。情景が鮮やかに浮かび上がる。わすれな草の英語表記かっこよいね。2月ぐらいからストックしてた。

28:ロングスカートは靡いて/Conton Candy
疾走感要素つめつめ。青春感。初めて聴いた日にYouTubeのオススメにたまたま出てきた運命。

29:西瓜BABY/Not yet
暑い日だった。もう10年前の曲。今でも個人的夏曲といえば上位にくる曲。当時仲良かった友人が知ってて盛り上がった。「マネージャーの君は異性じゃなかった」の意味が読み取れなかった。

30:BABY BABY/銀杏BOYZ
2000代感全開。聴くほど良い。前後の曲との繋がりは本当に偶然。自分で驚いた。

31:CQCQ/神様、僕は気づいてしまった
当時高校生だった僕にこの厨二感は刺さってしまった。軽音部の同期がやっていた記憶があるが誰だったか思い出せない。



【6月】
1:Sign/内田彩
アニメを観よう期間再開。エンディングの画との相乗効果で多幸感。王道アニソン。

2:1997/リーガルリリ
世紀末。灰色。文学的。歌詞を見ながら聴くことでより増す輝き。

3:Chilly Chili Sauce/WANIMA
有名どころしか知らなかったので声だけではWANIMAと気づかなかった。多分こっちが本来なんだろう。またまた夏っぽい曲。

4:LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL
言わずと知れた名曲。MVからなにまでオシャレがすぎる。歌うと意識せずともしゃくりを出せる。一言だけの強いCメロ。

5:熱帯夜/RIP SLYME
中学生の時にMVを初めて観た時の衝撃は忘れられない。インソムニアという単語はこの曲で覚えた。毎年夏には絶対聴きたい1曲。YouTubeで楽しい動画を見つけたので。

6:FLAVOR FLAVOR/KEYTALK
歌詞とメロディの親和性が高い。届かない日々は恋しい。そう感じるぐらいにこの曲も懐かしい。

7:私がオバさんになっても/森高千里
一途な女性像をサビの助詞1文字で助長するという、細部までこだわり抜かれた歌詞。タイトルのインパクト以上の聴いたあとの充実感。

8:Horizon/PAELLAS
PAELLASとの出会いの曲。ここまで夜に合う曲はそうそう無い。無敵になれる。MVも至高。この曲にはあのMVしかない。それほどのマッチ具合。

9:SWEET TWEET/Official髭男dism
サビの終わり方が独特でオシャレ。ポップさに必要なものが揃ってる。カラオケでよく聴く。

10:Sick enough to dance/the engy
ダンスと夜感はもれなく好きなので。1Aだけが日本語って珍しい気がする。

11:ain't on the map yet/Nulbarich
既視感ならぬ既聴感があったのは多分前にCDTVで特集されてたから。確かMVの少年がすごい人。なんだか前日と似た選曲になってしまった。

12:怪獣の花唄/Vaundy
Vaundyでダントツ好き。一般知名度があんまり高くない気がするのが残念。何度聴いても飽きない良さがある。最近カラオケに行くと絶対歌う。

13:Loyal Man's Logic/WONK
WONKがかっこいいのは知っているが曲名と曲がなかなか一致しない。一致する数少ない1曲。歌詞を見たい。

14:この夏をジャムにしよう/日向坂46
音ゲー再開。楽しい譜面だったので。懐かしさと初々しさの共存。実際聴く前は曲名に??状態だった。

15:WINDOW開ける/UNISON SQUARE GARDEN
唯一持ってないからこそ定期的に聴きたくなる1stアルバム。緩急の付け方がクセになる。この1人の夜感シリーズ3曲目を待っている。

16:金色グラフティー/ROTTENGRAFFTY
ダブルボーカルのかっこよさが際立つ。サビ入りの主人公感が半端ない。「何処へ行く」の繰り返しが好き。輝くと狂うの並びが成立することを知った。

17:Winter Bells/倉木麻衣
小さい頃から好きな曲。終始クリスマス前のワクワク感がある。アニソンメドレーで久しぶりの再会。ときめいた。

18:今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる/Awesome City Club
オーサムとの出会いの曲。夜曲好きに気づいた原点かもしれない。MVは斜め上すぎてなかなか受け入れられなかったけど今では好き。

19:ドリーマーズ・ハイ/RADWIMPS
人生初めて生で聴いた曲。すなわち初めて行ったライブの1曲目。多分あの曲が始まった瞬間は忘れられない。懐かしい。ラッドの曲では個人的に1番歌いやすい。父母皆モテんだとかいうあんまり考えたことないけど確かにという歌詞。たまに励まされる。

20:スタンドバイミー/Special Favorite Music
良い。聴き流してるだけでは気づけない良さ。散りばめられる幻想的な歌詞となにか起こりそうな盛り上がり。もっと知られて欲しいアーティストの1組。6月ベスト。

21:心臓/TOOBOE
サビ3秒で不思議な感覚になった。曲全体の印象として間違いはなかった。これを中毒というのだと思う多分。モナリザって美人なのかな。

22:Dance At The Moonlight[feat.kojikoji]/春野
音楽をあまり聴かない日だったのでストックから。ダンスとfeat.kojikojiが多すぎる気がしたので遠慮していた。夜に溶けそう。

23:Stars Colliding/THE CHARM PARK
なかなか決まらず捻り出した。夕暮れにも夜にも合うと感じるけどStarsだから夜なんだろう。

24:君が踊り出すのを待ってる/Lucky Kilimanjaro
軽快な音楽と強い歌詞で前を向かせてくれるラッキリ。踊れば全部解決するのかもしれない。待ってて欲しい。

25:青空が違う/欅坂46
欅坂で好きな曲上位。この曲が出た夏は思い出深い。そんな中で駅の地下ホームを思い出す曲。唯一無二の雰囲気。

26:プラスティック・ラブ/竹内まりや
シティポップは良い。この時代への憧れはいつまでも捨てられない。大人を感じる歌詞。

27:恋人ごっこ/マカロニえんぴつ
定期的に聴きたくなる。減速してサビに入るという斬新さ。不思議な曲構成。

28:The World Standard Dancing Club/わーすた
かっこよさ振りの曲かと思ったら可愛さも共存してる忙しい曲。言葉の乗せ方が気持ち良い部分が多くて楽しい。Danceに引き寄せられる病。

29:エモめの夏/Lucky Kilimanjaro
ストックから。早すぎて暑すぎる夏はこの曲と乗り越えたい。自分の中ではスルメソング。エモい夏、ではないところが良い。夏を楽しみたいと思える。

30:innocent world/Mr.Children
上半期最後はミスチル。改めて歌詞を見る機会があったので。初めてフルでしっかり聴いたかもしれない。2番サビのフレーズが単純に好き。



[上半期総括]
1年も半分が終わったらしいので、ここら辺でとりあえずまとめを
まずはここまで続けられていることに自分が1番驚いている
プレイリストに曲を入れるのはまだしも、こうやって文章に残すのは途中で飽きるんだろうなーって思いながら始めたのでね(辞めさせない工夫は自分に施していたんだけど)
曲を入れるのはちょくちょく忘れることもあったけど、少なくとも次の日の午前中までには思い出して遅れをとることもなかった
よくやったんじゃないかなぁと思ってる

ここまで来た時にプレイリストを最初から振り返ってみると既に懐かしいと感じる曲もあったりして、やりたかったことがまさに実現できている
我ながらやはり良い試みを始めたと思っている
何かを味わうためにはよくやることが大切なのだ

本当はブログを上下に分けるつもりはなかったのだが、冗長になりかねないし、何より新しく書き加える時にスクロールするのがそろそろ面倒なぐらいになってきたので、ここで区切ろうと
2022年後半もまだまだ知らない曲に出会えると思うと楽しみでしょうがない
ネタ切れにならないことを祈りながら下半期も意味付けをしていきたい

ではまた下巻で


P.S. 6月30日中に上げたかったのだが寝てしまった。無念。